モビットのデメリット

バレずにカードローンを利用したい、職場への在籍確認が不安、そういう人達にとって、モビットは頼れる存在です。モビットのWEB完結は優秀で、インターネットで契約、借入、明細の確認、全て完結します。電話も郵送物もない点は高く評価されています。

 

しかし、その割にモビットの契約規模は、アコムやプロミスと比べると劣ります。モビットにもデメリットはあるので、契約するかしないかは、その点も考慮して決めた方がいいかもしれません。

 

モビットがアコムやプロミスに劣っているものの1つに、契約機の設置台数があります。元々モビットはインターネットでの契約に力を入れているので、契約機の設置台数が少ないです。そのため、近場にあるアコムやプロミスを選ぶ人も多くなります。

 

また、モビットのWEB完結には魅力がたくさんありますが、三井住友銀行もしくは三菱東京UFJ銀行の口座を持っていなければなりません。これらの口座がなければいけない点と、用意する書類が多い点は、モビットの申込者数が少ない要因です。

 

また、モビットは消費者金融なので、銀行系のカードローンと比べると金利は高めに設定されています。消費者金融大手の多くが無利息期間サービスを展開していますが、モビットは今の所展開していません。これらのデメリットとメリットを比べて、自分に合ったカードローンを選びましょう。

 

低金利で借りることを考えるならそもそも消費者金融といった選択肢が違うため、銀行で借りるオリックス銀行カードローンの利用を見ておくべきです。

 

オリックス銀行カードローンなら限度額に応じて低金利で借りられるようになるので、毎月の利息負担も最終的な支払い総額も少なくできます。