来店不要でお金を借りる

モビットは三井住友銀行グループの消費者金融です。カードローンは他所でも取扱していますが、モビットは特定の人に人気があるカードローンを取り扱いしています。
来店不要でお金を借りたい人や、知人もしくは職場に借入れをバレたくないという人にとって、モビットはかなり役立ちます。

 

ネットでお金を借りるモビット

 

モビットのWEB完結とは

モビットの申込み方法にはWEB完結があります。WEB完結とは、申込みから契約、借入れまで全てWEB上で行える手続きです。カードローンなのにカード不要でお金を借りられます。

 

モビットのWEB完結はパソコンだけでなくスマホやタブレットからでも利用が可能です。

 

WEB完結のメリットとは

WEB完結を利用すれば来店不要でお金を借りられますが、モビットのWEB完結には様々なメリットがあります。

 

モビットのWEB完結では、本人確認の電話連絡はありません。インターネット上で手続きを進めていきます。来店や対面、対話というのは、カードローンの場合特に緊張する人が多いです。モビットならその点気軽に申込みができます。

 

電話連絡といえば、カードローン審査時には職場への在籍確認の電話があります。カードローン会社が直接職場に電話をして、申込者が在籍しているかを確認します。カードローンサービス名を名乗るわけではありませんが、職場に電話されるのは不安だという人は多いです。モビットなら在籍確認の電話もありません。

 

また、書類は電子化されるので、郵送物が届きません。通常カードローンの場合、契約書や専用のカード、利用明細書などが自宅に届く場合があります。郵送物でカードローンの利用がバレるというケースもありますが、モビットのWEB完結ならその心配もいりません。

 

利用明細や契約について知りたいのであれば、これもインターネット上でいつでも確認できます。ネット上に記録が残るので、紙と違って紛失の心配もありません。
詳しくはこちら:http://www.consumer-loan.jp/consumer/mobit.html

 

カードレスのWEB完結

カードレスで利用可能なので、契約後はすぐに借入れが可能です。インターネットで手続きをするカードローンは他にもありますが、カードは来店で受け取らなければならない場合や、郵送まで日数がかかる場合があります。

 

モビットならカードの郵送を待つ必要も取りに行く必要もありません。カードがないのでカードの所持から借入れがバレるという心配もいりません。

 

このようにモビットのWEB完結には様々なメリットがありますが、来店不要で手続きがしたい人はもちろん、誰にもバレずにカードローンが利用したいという人にもぴったりです。

 

WEB完結の条件とは

モビットのWEB完結を利用するには条件がいくつかあります。まず、三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に預金口座を持っていなければWEB完結での申込みはできず、通常の申込みとなります。

 

また、社会保険証もしくは組合保険証を持っていなければ申込みができません。別の銀行の口座しか持っていない人や、国保の人は、WEB完結が利用できません。

 

モビットのWEB完結申込みには、本人確認書類、収入証明書類、勤め先確認書類の3つが必要となります。

 

本人確認書類は免許証、もしくはパスポートがあれば大丈夫です。収入証明書類とは自分の収入が分かる書類で、源泉徴収票、税額通知書、所得証明書、確定申告書、直近2か月分の給与明細書があります。これらの内のどれか1種類を用意しなければなりません。

 

その他、勤め先確認書類としては健康保険証と直近1カ月分の給与明細書の両方が必要となります。

 

モビットのWEB完結では、他社に比べて必要書類が少し多いのが特徴です。給与明細書の用意が面倒だと思うかもしれませんが、これによって職場の在籍確認も取れるので、職場への電話連絡がありません。

 

中には職場へ電話をしても取り次いでもらえない会社に勤めている人もいますし、これは人によっては非常にありがたいメリットとなります。

 

モビットのWEB完結は電話や郵送物がない分だけ内緒での手続きに向いていますが、必要となる条件や書類が増えるのが大きなデメリットです。条件を満たせない場合にはWEB完結での手続きが行えないので、その場合には通常のWEB申込みか、または契約機でカードを直接受け取る方法での借入れとなります。

 

カードの受け取りであればモビット松山市でも手続きが進められるため、日本全国多くの場所で素早い借入れが可能です。

 

ただ、WEB申込みでの来店不要契約と最短即日での借入れとなると曜日や時間に制限が設けられてしまうため、すぐに借りたい場合にはどうしても注意が必要となります。